栞の草子

「楽しい情報」や「使える情報」を発信していきます。

spgアメックスに付帯されるマイル特典がすごい!

 f:id:iGY:20170911151524j:plain

※上記写真は転載元許可済み

 

spgアメックスはマイレージサービスが充実。

 

spg amexカードは、比較的高額な年会費であるにもかかわらず、それをはるかに上回るお得なサービスが受けられることで今最も注目されているクレジットカードの一つです。

今回はそのサービスの一つである「マイレージ特典」についてご説明します。

spgアメックスカードは利用金額¥100につき1スターポイントが貯まります。そして、そのスターポイントは各航空会社の航空券やマイルに交換することができます

 

1、航空券に交換する

 

f:id:iGY:20170911151523j:plain

※上記写真は転載元許可済み

 

貯めたスターポイントは、世界約150社以上の航空券に交換できます。すごい数です!どの航空会社のマイルを貯めるかを迷う必要がありません。

しかも、spgアメックスカードには、spg会員特典として以下のサービスが無料で付帯されています。

 

 ・ブラックアウト(特典除外日)なしピークシーズンでも祝日でも、いつでも利用可能。

 

航空券の価格と交換に必要なスターポイント数は下記の通りです。

航空券価格 スターポイント
150ドル以下 10,000
150ドル~215ドル 15,000
215ドル~280ドル 20,000
280ドル~345ドル 25,000
345ドル~410ドル 30,000
410ドル~475ドル 35,000
475ドル~540ドル 40,000
540ドル~605ドル 45,000
605ドル~670ドル 50,000
670ドル~735ドル 55,000
735ドル~800ドル 60,000
800ドル~865ドル 65,000
865ドル~930ドル 70,000
930ドル~995ドル 75,000
995ドル~1,060ドル 80,000
2,880ドル~3,140ドル 235,000  
4,960ドル~5,220ドル 395,000
9,990ドル~10,160ドル 775,000

 

2、マイルに交換する

 

f:id:iGY:20170911151523j:plain

※上記写真は転載元許可済み

 

貯めたスターポイントは世界の主要な航空会社のマイレージプログラムに移行することも可能です。交換比率は、ほとんどの航空会社で1スターポイント=1マイルです。

主要な交換先マイレージプログラムへの移行比率(スターポイント:航空会社のマイル)は下記の通り。

エーゲ航空 1:1
アエロメヒコ航空クラブプレミア 1:1
アエロプラン/エアカナダ航空 1:1
中国国際航空コンパニオン 1:1
ニュージーランド航空エアポインツ 65:1
アラスカ航空マイレージプラン 1:1
アリタリア航空ミッレミリア 1:1
ANAマイレージクラブ全日空 1:1
アメリカン航空AAdvantage 1:1
アジア・マイル 1:1
アシアナ航空 1:1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ 1:1
中国東方航空 1:1
中国南方航空スカイパールクラブ 1:1
デルタ航空スカイマイル 1:1
エミレーツ・スカイワーズ 1:1
エティハド航空 1:1
フライングブルー 1:1
ゴル航空スマイルズ 2:1
海南航空 1:1
ハワイアン航空 1:1
イベリアプラス 1:1
日本航空JALマイレージバンク 1:1
ジェットエアウェイズ 1:1
大韓航空 1:1
ラタム航空ラタムパス 1:1.5
アヴィアンカ航空のLifeMiles®(ライフマイル) 1:1
マイルズ&モア 1:1
カタール航空 1:1
サウジアラビア航空 1:1
シンガポール航空クリスフライヤー 1:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 1:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 2:1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ 1:1
ヴァージンオーストラリア

1:1

 

提携している航空会社の多さは、他のカードを寄せ付けません。さすがはアメックスです。マイル貯めるならアメックス!と昔から言われていたのも頷けます。

「spgアメックス」の特典はこれだけにとどまらず、むしろこのカードの目玉特典はここからですよ!

 

ANAマイルで威力を発揮!

 

ANAマイレージプログラム」は国内で人気のマイレージプログラムですね。私もJALマイルを貯めるのをやめて、ANAマイレージを貯めるべく、それに特化したクレジットカードの加入を考えたことがあります。しかし、どうしても納得できない点が一つありました。それは、

 

「マイル移行手数料(税抜6,000円+税/年度ごと)」です。

 

ANA VISAカード」に代表されるようなオフィシャルなカードであっても、上記の「移行手数料」は徴収されます。「ANAのカードで貯めたポイント」を「ANAマイルに移行する」のに手数料取るの?他社のマイルに移行するわけじゃないのに?、と疑問を感じてしまい、「ANA VISAカード」の加入は見送った経緯があります。

 

でも、spgアメックス・カードはその心配は不要。スターポイントからANAマイルへの移行に移行手数料なるものは発生しません、無料ですっ! JALでもANAでもどこへポイントを移行するにも移行手数料が発生しないので、安心してポイントの移行できます。

 

マイル移行でボーナスポイントまで!

 

さらに、スターポイントからマイルへ移行する際、20,000ポイントを移行する毎に5,000スターポイントが付与されます(しかもリアルタイムで付与されます)。

 

例1:20000スターポイントをJALマイルに移行 → リアルタイムで5000スターポイント付与され、計25000マイルがJALマイレージバンクに加算される。

例2:60000スターポイントをANAマイルに移行 → リアルタイムで15000スターポイントが付与され、計75000マイルがANAマイレージクラブに加算される。

 

このボーナスポイント特典を利用することによる、「スターポイント:マイレージ」の交換比率は通常の「1:1」ではなく「1:1.25」になり、マイル還元率1.25%という高還元率を実現しておりますっ!すごいです。

 

空港ラウンジ利用特典は・・・

 

f:id:iGY:20170911151522j:plain

今回は航空券関連の特典を紹介していますが、気になっている方もいらっしゃるかと思います、「空港ラウンジ利用」。もちろんこのspgアメックスカードにも他のゴールドカード同様「空港ラウンジ利用」特典が付いております。同伴者1名まで無料で空港ラウンジが利用できます。

が、これははっきり言って「どっちでもいい」特典です。

 

空港ラウンジには「制限エリア」にある「航空会社系ラウンジ」、もう一つは「非制限エリア」にある「カード系ラウンジ」の2タイプがあります。

・制限エリア:保安検査場通過後に入れるエリア

・非制限エリア:保安検査場より外のエリア

spgアメックスカードで利用できるのは残念ながら、非制限エリアに設置された「カード系ラウンジ」なんです。保安検査場を通過していないのに、ゆっくりできますか?落ち着きませんよね。よってこれはどっちでもいい。

ここは是非とも「プライオリティ・パス」無料付帯がこのカード特典に追加されることを期待していますっ!。

 

まとめ

 

このspgアメックス・カード、ホテル系カードにもかかわらず航空マイレージでも相当な威力を発揮しております。「?」な移行手数料も発生せず、また移行手順も非常にシンプルで簡単です。

改めてこのカードの使い勝手の良さを実感しました。マリオット系ホテルとスターウッド系ホテルのゴールド会員資格も付帯しており(これはまたすごいんですが)、さらに、上記のような高いマイル還元率を獲得できる非常にお得なクレジットカードです。

 

spgのゴールド会員資格関連の詳細は ↓

spgアメックスの無料で付帯されるゴールド会員特典がすごい!

spgの上級会員資格でヒルトン・ステータスマッチを試みる