栞の草子

「楽しい情報」や「使える情報」を発信していきます。

ICOのALISへの参加準備|イーサリアムウォレットを作る方法|MyEtherWallet

 

 大事な仮想通貨を取引所に預けっぱなしにしていませんか?自身の仮想通貨を守るためには、Walletでの保管は必須です。

 

 なぜ「Wallet」が必要か?

・取引所破綻やハッキングへの備え。(取引所に預けっぱなしより、安全性が高い。)

ALISCOMSAをはじめ、各企業が実施するICOへの参加が可能になる。ICOの際、仮想通貨は自分のWalletから送付が前提です。取引所からの直送は絶対にNG(大事なコインを失います)。

ICOとは、株式市場でいうところの「IPO(新規公開株)買付」みたいなものです。米中やシンガポールではICOに対する規制が引かれていますが、日本ではまだ規制がないため、日本人には大きなチャンスでもあります。もちろん、リスクもありますよ。 

 

今回は MyEtherWalletに登録して「Wallet(財布)」を作る方法をご紹介します。 

では早速手順の説明です。 

 

手順①

 

まず「google crome」を開き、検索窓に「MyEtherWallet」と入力し検索。

おそらくトップに「MyEtherWallet.com」の公式ページがでてきますので、それをクリックしアクセスします。

<注意!>

Windowsパソコンで作業される方は、Internet Explorer から「MyEtherWallet.com」にアクセスしてもうまく表示されないと思います。

google cromeをインストールし、google cromeからMyEtherWallet.comにアクセスすると正常に表示されると思います。

f:id:iGY:20170902142021j:plain

 

 手順②

 

「MyEtherWallet.com」の公式ページを開くと、言語が「English」になっていますので、「日本語」に変更します。

f:id:iGY:20170902142022j:plain

 

 手順③

 

パスワードを作成し入力。

入力したら、[ お財布の作成 ]をクリック。

※9文字以上とありますが、たった9文字では不安です。私は20文字で設定しています。必ず意味のない文字列を使用してください。「最強パスワード生成ツール」などを使うと便利です。f:id:iGY:20170902140403j:plain

 

 

手順④

 

以下の画面が出ますので、[ ダウンロードKeystoreファイル ]をクリック。

ダウンロードしたファイルはどこかに保存しておいてください。自分の「財布」にアクセスするための大事なものです。(「名前を付けて保存」の画面が出ない場合は、パソコン内のどこかにダウンロードされていますので、よく探してください。)

ダウンロードが完了したら、[ 理解できました。続けます。]をクリックします。

 

f:id:iGY:20170902140405j:plain

 

手順⑤

 

以下の画面が出ますので、秘密鍵のコード(写真2行目のモザイク部分)をコピーしておきます。(ひとまずエクセルやメモに張り付けておきましょう)

[ お財布紙情報を印刷 ]をクリックし、自分のお財布情報を印刷。

※これには秘密鍵のコードと財布のアカウントアドレス(銀行でいう口座番号)が記載されています。とても重要なものですので、大切に保管してください。

印刷が完了したら、[ アドレスを保存してください ]をクリック。

 

f:id:iGY:20170902140407j:plain

 

手順⑥

 

以下の画面で、どの方法で財布を操作するか聞かれるので、どれか選択してください。今回は「秘密鍵」を選択します。

秘密鍵をペースト/タイプ」の窓に、秘密鍵のコードを張り付けてリターンキーをタイプします。

次に[ アンロック ]をクリックします。

f:id:iGY:20170902140409j:plain

 

手順⑦

 

以下の画面が表示されます。

f:id:iGY:20170902150514j:plain これでWalletが完成です!

さあ、ICOへの準備が整いましたので、次は実際にICOに参加してみましょう!

参加方法はこちらでご紹介しています。↓

www.tukaerune.com

 

 ・500万円を仮想通貨に投資した社畜女子!Ripple暴騰|謎のカウントダウン

・500万円を仮想通貨に投資した社畜女子!ビットコインキャッシュが暴騰